享保2年創業 素麺一筋290余年。手延べの伝統を受け継ぐ、三輪そうめん山本。

三輪そうめん山本について

沿革

享保2年
(1717年)
創業
山本家中興の祖惣兵衛は近在の庄屋として農民に広く素麺製造を奨励する。
1800前後 以来、惣兵衛の子、藤吉は遠く販路を畿内に求め「素麺藤吉」として広く名を馳せ、以降代々製造業、問屋業に励む。
1900前後 5代目辰蔵は高級素麺製造に勉め、東京進出を計る。
大正3年
(1914年)
東京「日本橋三越」の贈答用取り扱いで食品第1号となる。
昭和3年
(1928年)
宮内省御用達を賜る。
昭和3年
(1928年)
「宮内省御用」の栄誉を賜る。
昭和4年
(1929年)
「阪急百貨店」創業以来、贈答用として取り扱い頂く。
昭和5年
(1930年)
山本製麺所
昭和7~8年
(1932~1933年)
百貨店への本格進出始まる
昭和12年
(1937年)
製麺工場拡張。
昭和15年
(1940年)
食糧統制により、市中販売部門、閉業。
6代目太三郎乾麺工業協同組合理事長に就任。
製粉工場新設山本製粉製麺所
昭和16年
(1941年)
軍需用保存食としての麺製造に専従。
昭和20年
(1945年)
山本太三郎商店(山本商店)
昭和21年
(1946年)
終戦後、農林省指定工場となる。
昭和25年
(1950年)
統制撤廃により、一般市販に復する。
昭和39年
(1964年)
7代目 山本太一 店主に就任。
昭和45年4月
(1970年)
東京営業所開設
昭和49年
(1974年)
法人組織株式会社三輪そうめん山本設立。
昭和55年
(1980年)
現本社、工場、倉庫、完成。
東京営業所を東京支店として移転
昭和59年
(1984年)
「建築業協会(BCS)賞」(第25回)
昭和59年
(1984年)
「奈良都市景観調和デザイン賞」(第1回)
昭和61年
(1986年)
旧工場跡に製麺技術研究所新築。
昭和63年
(1988年)
奈良シルクロード博覧会に出展。
奈良市大宮通りに、奈良店開設。
平成2年10月
(1990年)
東京支店を船橋に移設。
倉庫、事務所新築。
平成6年
(1994年)
8代目山本太治社長就任。
平成6年
(1994年)
「GOODデザイン賞 建築部門賞」
平成7年5月
(1995年)
関西文化学術研究都市、平城山地区(奈良市左京)
「ならやま研究パーク」内に、麺の研究所「麺ゆう館」開設
平成15年
(2003年)
「BELCA賞 ロングライフ部門」(第13回)
公益社団法人ロングライフビル推進協会
平成17年
(2005年)
恋そうめんの日(7/7)登録
平成21年
(2009年)
白龍2009モンドセレクション金賞受賞
平成21年
(2009年)
第3回奈良県ビジネス大賞受賞
平成22年
(2010年)
白龍・白髪2010モンドセレクション最高金賞受賞
平成23年
(2011年)
白龍・白髪2011モンドセレクション最高金賞受賞
平成23年
(2011年)
そうめん資料館「麺ゆう館」を桜井市に拡張移設
平成24年
(2012年)
白龍・白髪「モンドセレクション2012 最高金賞受賞」
平成25年
(2013年)
白龍・白髪「モンドセレクション2013 最高金賞受賞」
平成26年
(2014年)
白龍・白髪「モンドセレクション2014 最高金賞受賞」
平成27年
(2015年)
白龍・白髪「モンドセレクション2015 最高金賞受賞」
平成27年
(2015年)
「JIA25年賞」(第15回)日本建築家協会
現在に至る。
平成28年
(2016年)
白龍・白髪「モンドセレクション2016 最高金賞受賞」
Copyright (C) 2011 MIWASOMEN YAMAMOTO CO.,LTD. All Rights Reserved.